大阪道頓堀のお好み焼専門店 千房-ちぼう-

専務取締役メッセージ

千房の未来

専務取締役 中井 貫二

千房ではマニュアル通りの
接客は求めていない、
一歩二歩先に行く
対応力と行動力が大事。

これから、新卒・中途・アルバイトで入ってくる皆さんに求めることは、柔軟な対応力です。千房ではマニュアル通りの接客は通じないと思って下さい。お客様のかゆいところに手が届くような、先を見据える行動力が必要です。 これは教えられるものではなく、自分の感性でもって気づくもので、突発的に起こる様々な場面に対応し、熱意と感謝をもって自分で磨き上げていくものです。


千房のおいしいお好み焼の原点はやはり、人間力にあり。

各ブランドによって求められることは違いますが、千房のお好み焼のスパイスは、やはり一人ひとりの人間力です。一般店であれば、躍動感や元気良さ、対応力が求められますし、ぷれじでんと千房であれば、ハイエンドなお客様に対してのきめ細かな接客力や、カウンターの前でのお客様との会話力が求められます。エレガンスはその中間で、躍動感や迅速な対応力をもちながらも、繊細な部分が必要とされます。

従業員一人ひとりが、
やりがい、生きがいを持って
働けるような環境を整えること。

創業者の方針は、お客様のご満足・従業員の幸福・会社の発展の三本柱をすべて充足させることです。良いサービスをお届けするということは、従業員が幸せでなければなりません。従業員がハッピーでないと、お客様に対して良いサービスをご提供できず、会社の発展にも繋がらない。私のこの先の目標は、従業員一人ひとりが、やりがい、生きがいを持って働けるような職場環境を整えることだと考えています。千房の最大の価値は、「人」です。千房で働く従業員全員が重要な宝なのです。


全国、そして海外へ。
新しいことに挑戦し続けワールドクラスの飲食店へ進化する千房。

40年以上営業させていただいていることもあり大阪出身の方々には名前だけは知っていただいているかもしれませんが、そこに安住してしまっているのも事実です。一人でも多くの方に自分たちの味やサービスを味わっていただきたいですし、知っていただきたい。今後は海外への進出も加速していきます。アジアを中心に全世界規模で大阪の千房の味を広めていきたいと考えています。千房で働く従業員も世界にどんどん派遣していきたいですね。

創業者はいつも、「千房は、お客様の明日への活力の再生の場である」と言います。私達がお客様にどのような価値を創造しているか、それはおいしいご飯を食べて、楽しい時間を過ごして、「明日も頑張ろう!!」と思って頂くことが千房の最大の使命です。たくさんのお店の中から千房を選んで来ていただき、「千房、やっぱりおいしかったね!」と言って頂けるように、引き続き取り組んでまいります。

ズバリ、千房のメニューで一番好きなお好み焼は?

SITE MAP