大阪道頓堀のお好み焼専門店 千房-ちぼう-

店長    
石垣 輔

この店舗の良さは?

千房の本店という事もあり、社長の想いやこだわりがもっとも反映している店舗です。本店というプレッシャーはありますが、本店ならではの誇りとプライドを持って全従業員が団結して働いてくれています。


大事にし続けていることは?

感謝の気持ちを持つ事です。高校を卒業して、社会の事を何も分かっていなかった自分を成長させてくれたのはお客様、アルバイトを含め、関わった全ての方々のおかげです。常に感謝の気持ちを忘れずに営業しています。

千房の強みは?

中井社長を中心にした、団結力だと思います。目標に向け、全従業員が1つになる結束力は他のどの企業より強いと確信しております。

店長になるまでの経緯
(キャリアアップ制度)

高校卒業と同時に千房へ入社し、仙台のザ・モール仙台長町支店に配属になりました。その後は札幌、横浜と異動し22歳で主任に昇格。主任時代に有楽町ビックカメラ支店へ異動、店長試験に合格した後、26歳の時に町田東急ツインズ支店店長に就任。今年で入社14年目となります。


店長としての仕事内容は?

店舗に立つ事はもちろん、売上管理、従業員育成等々、千房の店長は経営者と同じ感覚が求められます。利益を残す事だけではなく、お客様満足、従業員満足を高める事を意識しています。

店長としての今後の目標

一般社員時代に「店長会議で逢える日を楽しみにしているぞ。」と憧れの店長に言われ、店長になる事を目標に出来たように、自分の部下にも店長を目指すきっかけを与え、多くの部下を店長にしてあげたいと思っています。その為にも自分も成長し、店舗数を増やしていかなければならないですね。

働いているスタッフに求めていること&教えていること

仕事を一通り覚えてくると徐々に業務が機械的になってしまう事がありますので、現状に満足する事の無い様に考えさせる事を求めています。“現状維持は退化”が口癖です。

新入社員の方へのメッセージ

千房は人を本当に大切にしている会社です。社会に出れば楽しいことばかりではなく辛い事も沢山ありますが、その際は上司、先輩、仲間を頼ってください。絶対に見放すような事はないです。共に働けることを楽しみにしています。


SITE MAP