大阪道頓堀のお好み焼専門店 千房-ちぼう-

店長    
豊原 昭太

この店舗の良さは?

千房の旗艦店として自覚を持ち全スタッフが活き活きと勤務できる環境の良さが自慢です。


大事にし続けていることは?

何よりも【お客様第一主義】を徹底的に貫き、人材教育に尽力しています。

千房の強みは?

お蔭様で、千房ブランドは一定の評価を頂き、たくさんのお客様にご来店いただいております。ブランド力が認知されることはもちろん嬉しいことですが、【ファミリーの心】を大切にする会社風土で育った従業員の 人間味こそ、一番の強みだと私は感じています。

店長になるまでの経緯
(キャリアアップ制度)

新入社員として道頓堀店にて約6年間勤務(3年目で主任に昇格)、その後千日前本店で主任時に退職。会社からの恩恵を受け再就職、関東で約1年半勤務(主任に昇格)後、大阪梅田エリアで約1年半勤務(店長に昇格)後、千日前本店、店長に就任。現在、道頓堀ビル店店長。


店長としての仕事内容は?

店長とは管理職であり、全てにおいて確認の徹底です。私は主任が店舗の店長だと言う気持ちで教育を進めていますので、店長職とは部下の成長、部下を輝かせてあげる為のフォロー役でしかないと思っています。

店長としての今後の目標

会社の中枢となり、私なり観点での従業員育成、現場が働きやすい環境の構築が出来るようにまだまだ上を目指し邁進致します。

働いているスタッフに求めていること&教えていること

業務内容で求めている事は山程ありますが、一番の教えは【素直な心】を持てるように教育しています。言い訳はしない、ルールを守ると言った当たり前な事ができるように教育しています。

新入社員の方へのメッセージ

「石の上にも3年」と言うことわざの通り、まずは3年間続けてください。
必ず千房という会社を大好きになります!
人として成長させて頂ける最高の会社です!
ようこそ!千房へ!


SITE MAP