大阪道頓堀のお好み焼専門店 千房-ちぼう-

社員
横川 智治

千房に入社した理由

小さい頃から高校までサッカーをしていたため、アルバイトなどもせず両親にお世話になっていましたので就職しようと思っていました。両親や友人からは進学を勧められ、進路に悩んでいた頃にお世話になっていた先生に「悩んでいるなら紹介したい就職先がある。」と言われ、そこで紹介されたのが「千房」でした。信頼している先生でしたのですぐに入社を決めました。それが千房に入社を決めたきっかけです。

接客サービスで心がけていること

常に心がけていることは、「お客様目線」です。美味しい料理を提供するのはもちろんですが、料理だけでなく楽しい空間でお食事していただけるよう意識しています。特に私が働いているお店は全席カウンター席なので、少しでも目の前のお客様に満足してお帰りいただけるように考えております。

現在の仕事内容

新入社員の頃は調理場や、ホールなどを中心に仕事をしていました。今はカウンターマンとして、お客様の目の前で料理を作り提供しております。もともと接客業に興味がありましたので、直接お客様と接することができるカウンターマンはとても楽しいです。

お客様に言われて
思い出に残っていることは?

異動前の店舗(現:道頓堀ビル店)でまだカウンターマンを始めたばかりの時に、私が担当したお客様のお食事が終わった際、「俺は若いカウンターマン嫌いやねん。」と突然言われたのを覚えています。
経験が浅い頃でもあり、素直に謝罪をすると「兄ちゃんはなんかええ奴やから大丈夫やで。ご飯も美味しかった。」と仰ってくださり心の底から安堵しました。(笑)そのお客様は今でも異動先の店舗までご来店いただけるほど、良くして頂いております。


入社して気づいた千房のいいところは?

紹介してくれた先生が「千房の社長は人を大切にする。」と仰っていましたが。入社してそれを感じました。中井社長だけでなく千房の従業員全員が、人との繋がりを本当に大切にしていると改めて感じています。

今後の個人の目標

25歳までに店長になり、将来は独立して自分のお店を持ちたいです!
今はその通過点である主任になれるよう頑張っています。

新入社員の方へのメッセージ

私も社会に出て四年目とまだまだ浅いですが、いろいろなことがありました。
楽しいことはもちろん、悲しいことや辛いこと悔しいことだってありますがまずは石の上にも三年。とりあえずがむしゃらに頑張ってください!


SITE MAP